エクセル代行(VBA)システム開発はお任せください | 情報収集代行.com

削減可能だった人件費

  • HOME »
  • 削減可能だった人件費

・自社の業務フローに不安がある。

・もっと効率的に運用できるのではないか。

・今まで特に考えてこず、うまくやってきたから、これからもこのままで平気だろう。

自動化を業務の一部にしてから、様々な業務体系を見てきましたが、本当にやり方は千差万別です。

工夫して業務に取り組んでおられる方もいらっしゃれば、「時間がないからとりあえず今回は」のやり方でやっておられる企業様もおられます。

前者は自分として納得できる環境に落とし込んだ上で、効率的に業務実施できている。

後者は効率化を考えている暇などない、仕事がきてるのだから取り合えず業務実施する。

 

両方とも間違いなく、正解だと思います。

時間や人件費がかさむのなら、それを上乗せして見積もり提示すれば大概何とかなります。

ですが少し考えてみてください。

相見積もりを基本概念とする業界もありますが、価格交渉していくうちに、「これ以上はちょっと・・・」とういように折り合いがつかなくなってきますが

ここがいわゆる、成果物の良し悪し度合い+損益分岐の近辺だと思います。

実績稼ぎなどを除けば、基本的に最後まで残ったところが単純に一番生命力があるということになります。(もちろん戦略の一環などの場合もありますが)

 

先日、とある企業様からお問い合わせをいただきました。

内容は、「中国商標の過去一年間を全て精査して報告してほしい」とのことでした。

納期は早ければ早いほどよいとのこと。

中国サイトを実際に閲覧して、業務量を計算してみたところ、合計で20万ページ精査する必要がありました。

ですが常に斜めの視点で物事を見る癖みたいなものがついてるためすぐに業務の量を3%以下に減らせることが分かりました。

念のため2日間調査期間をいただき、1日目で調査を完了、2日目で3%にするためのコードを途中まで書き、その旨を先方に伝えました。

すぐに打ち合わせすることが確定し、契約書を取り交わして業務スタートしました。

まず大きな課題として、調査対象の中国商標のサイトが混雑しすぎてるため、画面が表示されないなど、一般的にはどうしようもない状況があったので、オフラインで作業することにしました。

20万ページ全てに対して、共通するURLのルールなどを考慮したうえで、中国サーバーに迷惑にならないよう、プログラムを夜間のみ走らせて1000ページをダウンロード【細かいノウハウは割愛】

→ダウンロードしたページを自動精査して報告物を生成しました。

→目視チェックで1000ページについては問題がないことを確認。

→20万ページに対して、1000ページのときに走らせたプログラムを適応させる。


理論上はこれで作業完了なのですが、やはり目視でのチェック作業を実施して業務完了。(PDFfile、2.2G)

先方は本件について、とても頭を悩ませていたようです。

その後は複数箇所から定期報告してもらい、社内で確認および取り纏め、という流れから開放され、弊社に一年間分を一括で発注していただく運びとなりました。

あわせて、中国以外の国について調査依頼もいただきました。

コンサルではありませんが、大きく業務の流れが変わった一例でしたので、ご紹介いたしました。

弊社としては、ことPC作業に関して言うと、効率化できない作業はほとんどないと考えておりますので、少しでもお困りごとがありましたらご連絡ください。

長引くようなら別途料金をいただいておりますが、ちょっとした相談でしたらお気軽にご連絡くだされば対応いたします。

お問い合わせ先 TEL 080-9264-2294 9:00 ~ 18:00

PAGETOP
Copyright © 情報収集代行.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.